痩せた月

こんにちは世界

幽体離脱(明晰夢、体外離脱)の方法の話


幽体離脱の成功率が高くなってきたので、幽体離脱する前の身体の状況とか離脱のやり方とか書きます。

昨夜(今朝でもある)幽体離脱に成功したので、その時の状況と一緒に色々書いていきます。

幽体離脱がなんなのか分からない人は各自調べて見てください(トップページ - 最近幽体離脱にはまった まとめ - アットウィキ)

ここに書いたのはあくまで「私が1番幽体離脱しやすいと思う方法」なので、鵜呑みにしないでください。自分に合った方法を見つけるのが1番いいです。

寝る前〜変性意識状態

私はまず午後10時前に少しだけ勉強をして、それから寝ました。起きたのは午前5時でした。

それから少しだけやるべきことを、具体的には課題とか読書とか、文字を読んだり書いたりして、6時くらいにまた寝ることにしました。つまり二度寝しました。

布団に入り寝ようとすると、激しい耳鳴りが聞こえてきました。

この耳鳴りは…変性意識状態!?

変性意識状態とは

いわゆるトランス。意識を落としていくと発生する、非常にリラックスした精神状態。
外部情報が遮断され、内的感覚が増幅されることで、自己と世界の境界があやふやになり、やがては肉体との乖離感が発生する。
陶酔感をもたらし、同時に幸福感を感じやすいといわれるが、恐怖が支配的になるケースもある。
瞑想や催眠はもちろん、一部の麻薬などによっても似た症状が誘導されると言われる。
変性意識状態での自覚症状の有無は、意識の深度に依存する。

(幽体離脱wikiより引用)

……よく分からない……

要約してかつめちゃくちゃ噛み砕いていうと妄想と現実が区別つかなくなる状態」です。これだけ見ると危ない人だ…

変性意識状態は金縛りや身体の震え、耳鳴りなどを伴って現れることが多いらしいです。私の場合 、金縛りはなったことないですが、耳鳴りが顕著で身体の震えはたまーに現れます。

金縛りになったりすると、初めての人は驚いちゃって変性意識状態が解けたりしますが、落ち着きましょう。ここを乗り越えれば幽体離脱した世界であんなことこんなことができます。頑張ろう!

変性意識状態になるオススメの方法

二度寝

二度寝をすると変性意識状態まで持っていきやすくなれます。

実は耳鳴りがなるまで「幽体離脱しよう!」とは思っていなかったのですが、この耳鳴りの感じは幽体離脱の感じだったのと、二度寝という方法を思い出して「ああ、自分は二度寝法を偶然にも行ったんだな」と思い、幽体離脱をしようと決意しました。

方法は簡単、二度寝をします。以上。初めは「こんなの意味あるの?」と思うかもしれませんが、案外効きます。騙されたと思ってやってみてください。二度寝法を使うと成功率の高さに驚かされます。

欠点は、時間帯を選ばないとちょっと健康に悪いかも…。

寝る前に読書、勉強、など

寝る前の勉強や読書というのは幽体離脱の成功率を上げるのに良い習慣らしいです。理由はよく分かりませんが、おそらく脳があーなってこーなってそうなるのでは?????と思っています。最初は「本当かな?」と疑っていましたが、明らかに成功率が上がるので効果は少なからずありそうです。

「寝る前」って言われてもなあ…と思う人はいますが、眠くなるまで読書、勉強をするといいと思います。

「全然眠くならない!」っていう人は、カフェインを摂るのを控えてみたり、スマホやパソコンなどの液晶画面を見るのを控えてみるといいです。自分もスマホのヘビーユーザーなのですが、スマホを控えると驚くほど眠くなります。困るくらいに。

もし読む本がない!って人がいたら私のブログを読んでください。

数かぞえ法

まず目を瞑ります。そして鼻で息を吸って「い〜」、口で息を吐いて「ち〜」と心の中で言います。これをずっとやります。

この方法の利点は多く、眠くなくても行える、二度寝や読書の暇がなくても出来る、などがあります。

上記2つの方法は、効果はあるものの、間違って寝てしまうということがよく起こります。二度寝する時なんかすごく眠たいですし、下手したら読書中に寝てしまうかもしれません。

それと、二度寝なんかは準備が大変ですし、忙しかったら読書も勉強もままならないことがあります。

でも、この方法はそれらに比べると急に寝てしまうことはあまりありません。眠くない時に行えるからです。また、布団と脳さえあればいつでも行えます。

ずっとかぞえてると頭がボーッとしたり、浮遊感、身体の震えを感じたりします。

100以上かぞえたりするとなると、かぞえづらいのでまた1から数えるといいでしょう。

夢日記

ぶっちゃけ最強です。

夢を見たら記録をとります。夢で見たものを出来るだけ思い出して詳しく書くのがいいと思いますが、ツイッターに書くとかの方がモチベが保たれると思うし、そんなに細かく書こうとするとかえってモチベが下がったりするので、覚えてる範囲でゆる〜くかくのがいいでしょう

なぜ最強かというと、夢日記を書くと無条件で幽体離脱の確率が上がります。

よく夢日記を書くと頭がおかしくなるとかありますが、そんなことはありません。どんどん書きましょう。

変性意識状態〜離脱

激しい耳鳴りが聞こえた時、幽体離脱をしようとしました。

「変性意識状態になっても離脱まで行けない!!!!!!」って人は多いと思いますが、個人的な意見としては変性意識状態→幽体離脱のプロセスは感覚的なモノに近いと思っているので、コツとかは説明できる自信がないです。

スポーツやジャグリングなどの身体を動かすようなモノとは違って、頭の中で意識をいじってこねくりまわしているので、説明しづらいことこの上ないのですが、

無理矢理説明するとしたら…


変性意識状態→妄想する→瞼の裏に映像が映る→その映像の中に入る(そうとしか言いようがない)→現実の自分を動かさないように夢の中で動く→次第に夢が馴染み、自由に動けるようになる


です

「映像の中に入る」という表現ですが、自分的には1番しっくり来ます。

変性意識状態だと妄想と現実の区別がつきづらくなりますが、頑張ると「妄想の中の感覚」と「現実の中の感覚」という2つを感じ取ることができます。

そのうちの「妄想の中の感覚」を増幅させると、妄想が現実に勝り、妄想は現実を超え、妄想こそが現実になります。

幽体離脱の世界へ

「妄想の中の感覚」を増幅させる具体的な訓練方法は、夢日記を書くとか瞑想するとかいろいろありますが、アクティブイマジネーションは結構効果的だと思ってます。

ここで説明するにはちょっと長い気がするので、簡単に説明すると、まず妄想をします。その妄想で起こったことを注意深く観察して、妄想の中で自分がするべきだと思う行動をします。それを繰り返します。

そうすることで、妄想力(造語)が強化されます。変性意識状態の体は、そのうち肉体と精神が乖離します。

「肉体と精神が乖離って何!?」って思う人は多いと思いますが、これがまさに乖離という言葉の通りで、うまくいけば身体からフワッと抜け出せます。

昨夜幽体離脱した私は、変性意識状態から抜け出し、幽体離脱したら、仰向けのままの僕が家の窓を通り抜けて二階まで浮き上がりました。

……この文だけ見たら相当頭がアレな人ですが、経験したのでしょうがないです。

アクティブイマジネーションがわからないって人は、夢日記を書くだけでも十分に効果が見込めます。

覚えてる夢を書くだけです。書かないより書いた方が絶対良いです。

まとめ

以上のことをまとめると、

  • 二度寝法などで変性意識状態に行く!
  • 変性意識状態になったら落ち着く!
  • 妄想の中に入り込む!
  • 変性意識状態にすらなれないなら夢日記を書こう!
  • てか夢日記は書こう!

です
習うよりなれろなのでまずやりましょう!


ここまで読んで、理解が追いついてるなら、離脱出来る人、リダンツァーになれると思います!楽園は目の前だ!さあ!

終わりに

自分なりの幽体離脱の方法とか、いろいろ書きましたがこれみ見て幽体離脱に興味を持ったりする人がいたら嬉しいです。

余談ですが、幽体離脱中私は空を飛んだり異性をああしたり空を飛んだり空を飛んだりしました。