痩せた月

こんにちは世界

英語の教科書的にサンズ戦を翻訳

英語の点数が微妙だったので、サンズ戦の翻訳(教科書的)しました

どこが教科書風かというと、


①わからなさそうな単語の意味が書いてある


以上です。


点数が微妙なので翻訳も微妙です。

誤訳は指摘され次第直していきますのでどんどんどうぞ

─────────────────

[It’s a beautiful day outside. Birds are singing, flowers are blooming… on days like these, kids like you…]

「いい日だよな、外は。鳥たちは鳴いていて、花々は咲いている。こんな日には、お前みたいなガキは…」

□outside(副)「外に、外で」
□bloom(動)「咲く」
□like(前)「〜のような」

─────────────────

[Should be burning in hell.]

「地獄の業火に焼かれるべきだ」

□burning in hell「地獄の業火」

─────────────────

[Ready?]

「準備はいいか?」

─────────────────

[huh. always wondered why people never use their strongest attack first.]

「ハッ。なんでみんな最初に最強の技を決して使わないのかいつも不思議に思うな」

□always(副)「いつも」
□wonder(動)「不思議に思う」
□never(副)「決して〜ない」
□strongest(形)「(strongの最上級)最も強い」
□first(副)「最初に」

─────────────────

[anyway, as i was saying, it’s a nice day out. why not relax and take a load off?]

「とにかく、俺は言っていたからな、外はいい日だって。なんで荷を下ろしてくつろがないんだ?」

□anyway(副)「とにかく」
□relax(動)「くつろぐ」
□take a load off「荷を下ろす」
☆take off「取り外す」

─────────────────

[here we go.]

「いくぞ」
─────────────────

[what? you think i’m just gonna stand there and take it?]

「なんだ?お前は俺がただそこに立ってて攻撃を受けるだろうとでも思うのか?」

□just(副)「ただ〜だけ」
□gonna=going to

─────────────────

[our reports showed a massive anomaly in the timespace continuum. timelines jumping left and right, stopping and starting…]

「俺たちのレポートは時空連続体について大規模な異常を示していた。時間軸はあちこちへ飛んでいて、止まっては動いている…」

□massive(形)「巨大な、大量の、大規模の」
□anomaly(名)「異常、不合理」
□timespase(名)「時空間」
□continuum(名)「連続、徐々の変化」
□timeline(名)「時間軸」

─────────────────

[until suddenly, everything ends.]

「突然、全てが終わるまではな」

□suddenly(副)「突然」
─────────────────
[heh heh heh... that's your fault isn't it?]

「へへへ…あれはお前のせいだろ?」

□fault(名)「責任、罪、悪行」

─────────────────

[you can't understand how this feels.]

「お前にはこの気持ちを理解できない」

─────────────────

[look. i gave up trying to go back a long time ago.]

「見ろ、俺は戻ろうとするのをとうの昔に諦めた」

□give up「〜を諦める」
□try to do「〜しようとする」
☆try doing「試しに〜してみる」

─────────────────
[and getting to the surface doesn't really appeal anymore, either.]

「そしてもはや地上に辿り着くこともそんなに興味を引かないな」

surface(名)「表面」
appeal(動)「気にいる、興味を引く」
□anymore(副)「もはや」
□either(副)「〜もまた…ない」

─────────────────

[cause even if we do... we'll just end up right back here, without any memory of it, right?]

「そうしたとしても…俺たちはただ最後にはここに逆戻りすることになるんだろう、何の記憶も無しに。だろ?」

□even if「たとえ〜でも」
□end up「最後には〜で終わる」
□without(前)「〜無しに」

────────────────

[to be blunt... it makes it kind of hard to give it my all.]

「率直に言えば…一生懸命頑張るのがちょっとばかり厳しくなる」

□to be blunt「率直に言えば」
□kind of 形容詞「ちょっと〜」
□give it my all「一生懸命頑張る、とことんやる」

────────────────

[... or is that just a poor excuse for being lazy...? hell if i know.]

「…それとも、それはただ怠けるための下手な言い訳に過ぎないのだろうか?知るかよ」

□poor(形)「下手な」
□excuse(名)「言い訳」
□lazy(形)「怠惰な」
□hell if I know「知るか」

────────────────

[ all i know is… seeing what comes next… i can’t afford not to care anymore.]

「俺が知っている事は…次に起こることだ…これ以上俺は気にしないわけにはいかないんだ」

□afford to「〜する余裕がある」
□care(動)「気にする」

────────────────

[ugh... that being said... you, uh, really like swinging that thing around, huh? ... listen.]

「あー…そうは言っても…お前、あー、本当にそれを振り回すのが好きだな?なあ?…聞けよ」

□swing(動)「振り回す」

────────────────

[i know you didn't answer me before, but... somewhere in there. i can feel it. there's a glimmer of a good person inside of you. the memory of someone who once wanted to do the right thing.]

「俺はお前が答えたくなかったのは気づいている、だけど…どこかでは。俺は感じられるんだ。お前の内に、いい人間の気配がする。かつて正しい行いをしたかった誰かの記憶。」


□glimmer(名)「気配、かすかな現れ、かすかな光」
□once(副)「かつて」
□do the right thing「正しいことをする」

────────────────

[someone who, in another time, might have even been... a friend? c'mon, buddy. do you remember me? please, if you're listening... let's forget all of this, ok? just lay down your weapon, and... well, my job will be a lot easier.]

「別の時間では、…友達?にさえなっていたかもしれない誰か。さあ、相棒。俺を覚えているか?頼む、もし聞いているなら…全てのことを忘れよう、いいな?とにかく武器を捨てれば…まあ、俺の仕事がはるかに楽になる」

□just(副)「(命令文を和らげたり、時に苛立ちを表して)まあ、ともかく」
□c'mon(=come on)「急いで、さあさあ、まあまあ」
□buddy(名)「相棒」

────────◆───────
◆SPAREの場合
[... you're sparing me? finally. buddy. pal. i know how hard it must be... to make that choice. to go back on everything you've worked up to. i want you to know... i won't let it go to waste. ... c'mere, pal.]

「…俺を助けてるのか?結局。相棒。友達だもんな。どんな辛い選択をしなければいけなかったか、俺はわかる。お前が徐々に積み上げてきた事全て元に戻すんだもんな。お前には知ってもらいたい…俺は無駄にしたくないんだよ。こいよ、友達」

□spare(動)「助ける」
□pal(名)「友達、友人」
□c'mere(=come here)「こっちにきて」
□waste(名)「無駄」


[geeettttttt dunked on!!! if we're really friends... you won't come back.]

「ぶちのめしてやったぜええええええ!!!!もし本当に友達なら…もう戻ってくるなよ」

────────◆───────

攻撃した場合
[welp, it was worth a shot. guess you like doing things the hard way, huh?]

「うーん、試す価値はあったな。お前は艱難辛苦が好きなようだな?なあ?」

□worth(形)「価値がある」
□guess(動)「推測する」
□worth a shot「試す価値」

───────────────

[sounds strange, but before all this i was secretly hoping we could be friends. i always thought the anomaly was doing this cause they were unhappy. and when they got what they wanted, they would stop all this. ]

「奇妙に聞こえるだろうが、以前、俺は友達になれることを密かに望んでいたんだ。俺は異常がお前たちこんな不幸せにする原因だと常に考えていた。そして彼らが望むものを手に入れた時、全ては終わるって。」
(theyは違う時間軸のhuman?)

□secretly(副)「隠れて、こっそり」

───────────────

[and maybe all they needed was... i dunno. some good food, some bad laughs, some nice friends.]

「そして、多分必要だったものは…わからないな。美味しい食べ物、面白いダジャレ、良き友達」

□dunno(=I don't know)「わからない」

───────────────

[but that's ridiculous, right? yeah, you're the type of person who won't EVER be happy. ]

「だけど馬鹿みたいだなあ?ああ、お前は一度も幸せになれない人間の典型だ」

□ridiculous(形)「ばかばかしい」

───────────────

[you'll keep consuming timelines over and over, until... well. hey. take it from me, kid. someday... you gotta learn when to QUIT.]

「お前は何度も何度も時間軸を消費し続けるだろう、何度も… ああ。おい。信じろ、ガキ。いつの日か…お前は"止め時"ってのを学ばなきゃいけない」

□keep doing「〜し続ける」
□consume(動)「消費する」
□gotta(=have got to)「しないといけない」

───────────────

[and that day's TODAY.]

「そしてその日は"今日"だ」

───────────────

[cause... y'see... all this fighting is really tiring me out.]

「だから…ほら…俺はこの戦いのせいで本当に疲れた」

□y'see(=you see)「ほら、あのね」
□tire out「疲れさせる」

───────────────

[and if you keep pushing me... then i'll be forced to use my special attack.]

「そしてもしお前が俺を押し退こうとし続けるなら…その時俺は必殺技を使わなければならなくなるだろう」

□be forced to do「〜することを強いられる」
□special attack「必殺技」

───────────────

[yeah, my special attack. sound familiar? well, get ready. cause after the next move, i'm going to use it. so, if you don't want to see it, now would be a good time to die.]

「ああ、必殺技だよ。聞き覚えがあるだろ?うん、準備しとけ。次のターンの後で動けば、俺はそれを使うことになる。だから、もし見たくないのなら、今がちょうどいい死に時になってくれる」

───────────────

[well, here goes nothing... are you ready? survive THIS and i'll show you my special attack!]

「うーん、ダメで元々だけどやってみるか…準備はいいか?"これ"に生き残れ、そしたら必殺技を見せてやるよ」

───────────────

[huff... puff... all right. that's it. it's time for my special attack. are you ready? here goes nothing.]

「はあ…はあ…わかった。そうだ。必殺技のお披露目だ。準備はいいだろうな?必殺技、何もしない」

───────────────

[yep. that's right. it's literally nothing. and it's not going to be anything, either. heh heh heh... ya get it? i know i can't beat you. one of your turns... you're just gonna kill me. so, uh. i've decided... it's not gonna BE your turn. ever. i'm just gonna keep having MY turn until you give up. even if it means we have to stand here until the end of time. capiche?]

「うん、その通り。文字通り何もない。そしてまた何にもならない。へへへ…分かるか?俺はお前を負かすことが出来ない。お前のターンには…お前はちょうど俺を殺すだろう。だから、あー、俺は決めたんだ…お前のターンにならないようにするって。ずっと。俺はただお前が諦めるまで俺のターンを続ける。永久にここに立たなければいけないことになってとしても。わかったか?」

□literally(副)「文字通り」
□ya(=you)「あなた」
□beat(動)「負かす」
□mean(動)「意味する」
□capiche(間)「わかった?」

───────────────

[you'll get bored here. if you haven't gotten bored already, i mean. and then, you'll finally quit.]

「お前は退屈だろうな。というか、もしまだ退屈していなかったらの話だけど。それで、お前はついにやめるだろうな」

───────────────

[i know your type. you're, uh, very determined, aren't you? you'll never give up, even if there's, uh... absolutely NO benefit to persevering whatsoever. if i can make that clear. no matter what, you'll just keep going. not out of any desire for good or evil... but just because you think you can. and because you "can"... ... you "have to".]

「お前のタイプ、俺は分かる。お前は、あー、とてつもない決意を持っているよな?お前は決して諦めない。それが例えば、あー…少しも価値のないどんなことだとしても。もしそれが正しいなら。何があっても、お前はただやり続ける。善悪を求める欲望とかではなくて…ただ出来ると思うからやるんだ。そしてその"出来る"は…お前にとっての"しなくちゃいけない"だから」

□absolutely(副)「完全に、少しも」
□preserving(形)「辛抱強い」
□whatsoever「どんなものでさえ、全く」
□no matter what「何があろうと」
□out of「〜の外で、〜の限りでない」
□evil(形)「邪悪な」

────────────────

[but now, you've reached the end. there is nothing left for you now. so, uh, in my personal opinion... the most "determined" thing you can do here? is to, uh, completely give up. and... (yawn) do literally anything else.]

「だが今は、お前はもう終焉に着いてしまった。今やお前に何も残されていない。だから、あー、個人的な見解だが…お前がここで出来るその最も"決意に満ちた"ことは?それは、あー、完全に諦めちゃうことだ。そして…(ふあ〜あ) マジで他の何かをしろ。」

□leave(動)「残す」
□opinion(名)「意見」
□completely(副)「完全に」
□anything else「他に何か」

────────────────

[heh, didja really think you would be able-]

「へっ、まさか本当に攻撃できるなんて思」

□didja(=did you)

────────────────

[... ... ... so... guess that's it, huh? ... just... don't say i didn't warn you. welp. i'm going to grillby's. papyrus, do you want anything?]

「………まあ…そうなるだろうな?…ただ…お前に警告はしたはずだ。ああ。俺はgrillby'sに行くんだ。papyrus、何か欲しいか?」

□warn(動)「警告する」

────────────────

〜感想〜

乾燥した間奏ですが


言い訳させてくださいちょっと砕けた表現(と言ったらいいのかわからないけど)が多くて誤訳多かったです

あと自分の英語力が足りないんです

ここまで見てくれてありがとうございました