痩せた月

こんにちは世界

HUION Kamvas pro13を使ってみた結果に一同驚愕…

はい

買いました


板タブを買ってから一年足らずで液タブに変える人がいるらしい

アマゾンで購入

定価とか見ると399US$ってあってグーグル先生によると約44,321円(2019 4/1現在)だったのですが、アマゾンとかだと安かったりちょうど公式で割引されていたので約35,000円くらいで買うことが出来ました。

ところで、コンビニ受け取りで購入しましたが、両手で抱えないと持てないような大きさの箱で届いたので大きい箱を持って外を歩くのが気になる人は家で受け取った方がいいです

僕は箱を抱えながら歩きました

開封

アマゾンの箱の中に傷とか付かないようにビニールなどで固定されて入ってました アマゾンレビューとか見ると梱包が云々!みたいなのをたまに見ますが、僕は気にしない人間なので気にしないです

色々見てみる

視差

適当に設定するとこうなります。100億センチくらい離れてやがて人間は滅び、かつての住処を奪われた動物達は繁栄し、文明は植物に覆われ、失われた過去の記憶が辺りに散乱します。

ドライバから作業領域を設定するといい感じになります

ちなみに後ろの写真は絵じゃなくてデフォルトである壁紙です

スタンド

デフォルトでスタンドが付いてきます

六段階に角度が調節できます

これで猫背とかになることがなく作業出来るわけです

僕は猫背とかではないけど、なかなか見やすくなっていい感じです

ペン

付属のペン立てにペンを立ててみました。このペンたての中に替え芯が10本あります

使ってみるとペン先が1〜2mmくらい沈みますが僕はバーサーカーなのでそんなの気にしません

実食

傾き検知

傾き検知機能とかいうのがあるらしい

クリスタに最初からある何もいじってない濃い水彩で書きました。濃いめの線は立てて書いて、薄めの線は寝かせて書きました

寝かせて書くと若干薄く、太くなっているのが分かると思います

筆圧レベル8192

今まで使ってたのが確か筆圧レベル2048とかだったので、それの4倍ということになります

そのせいか筆圧のげきよわの私は、なんかいつもと違う……………みたいなことがあったので、クリスタ側で調整しました

こんな感じ

高校数学で二階微分させたくなる形です

上に凸だと柔らかめのペン、下に凸だと硬めのペンになるらしいです 詳しくは調べてください

なんか描いてみる


↑下書き

下書きが汚いのは機械のせいじゃなくて僕の手のせいです

傾き検知の主張が思ったより強くて、なんか思ったように描けないな〜ーってことがありました。こればかりはどうしようもないので慣れるまで頑張ります

あと液タブの左の部分に数個ボタンがあってショートカットキーになるんですけど、自分はキーボードを使ってます


↑線画的な

いつも思うけど自分の線画が細過ぎて縮小してネットにあげたりすると線が消えたりするので治したいおじさんです よろしくお願いします


↑ベタ塗り

バケツで塗りつぶしたりします。塗り残しの部分がわかりやすいように背景を派手な色にしました


↑色々やる

色々やりました


乾燥した感想

買ってよかったと思います。液タブは初ですが、不満点はあまりありません

挙げるとするならば、傾き検知機能をオフに出来ないところです

余談

新しい元号は令和でしたが、僕の予想は「最強」でした

【進捗】ウディタの進まなさに一同驚愕!?理解の遅さに涙が止まらない…

f:id:RaReRea:20190308145442p:plain


f:id:RaReRea:20190308143423p:plain
???

バグ (英: bug) とは、英語で「虫」の意であり、転じてコンピュータプログラムの誤りや欠陥を表す。

(Wikipediaより引用)

小説の冒頭とかに著名人の名言などが貼られてるのが好きです。太宰治の葉とか。

それはさておき、ウディタにいろんな機能を追加していきたいのですが、何事も上手くいき続けるってことはありません。

今ぼくが追加したい機能っていうのは以下の機能です。

・ステータス機能
・戦闘時に立ち絵を表示する機能
・相手の攻撃でアレなことをされる機能

ステータス機能について

ざっくり表現するとこうです

f:id:RaReRea:20190308144310p:plain

しかし現実は


f:id:RaReRea:20190308144802p:plain

よく見ると後ろにメニュー以外のウィンドウが現れてます。それがステータスです。

ステータス表示するのに必要なことは、

ステータスの項目を押す→メニューを消す→ステータス画面を表示する

(ステータス画面に各種ステータスとか立ち絵を引っ張ってきて乗っける)

さらにやることがあって、

ウィンドウの大きさや表示位置を決めたり、項目の表示位置を決めたり、HPのバーの画像を用意したり、云々

そもそも立ち絵差分のつくり方もよくわかってないし(単にピクチャ表示を変えるだけでいいのか色々)

なんかもう頓挫with死みたいな感じです 誰か教えてください

戦闘時立ち絵について

ステータス画面に四苦八苦しまくって何もできてないです

相手の攻撃でのアレについて

f:id:RaReRea:20190308150457p:plain

即死攻撃なら作りました


ゲームの完成まであと902年を考えています


むずかしい

【雑記】アレなRPG制作を企んでいるっていうお話



ここで言いたいこと要約
・ウディタ触り始めました
アレなのを作りたいよね
・今後進捗状況をブログに投稿するかもしれないよ
ウディタに詳しい人を募集してます(わからないことがあったら多分訊くので)

 あと数週間くらい暇なので、WOLF RPGエディター(以下ウディタ)というゲームを作れるソフトを触っていました。

 目的はもちろんアレなゲームを作ることです。

 実は数年前にもウディタを触ったことがあるのですが、ウディタのウの字もわからぬままフォルダの雑踏に投げ捨てた記憶があります。変数とか以前に機能が多くてその時点で挫折しました。

 挫折した原因の一つに「ろくに参考となるサイトを見なかった」ことがあります。結局まあなんとかなるだろうの精神でウディタ弄り回しても何も得られませんでした。何かを学ぶとき、義務教育の過程で必ず教科書をみるように、ウディタを学ぶ際に参考となるサイトをみるはずなのに、数年前はそうしなかったんですね。

 今回はちゃんといろんなサイトを見ました。その結果タイトル画面とダッシュ機能(シフトキーを押すと移動速度が上がる)を作ることができました。

 タイトル画面はこちら!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




f:id:RaReRea:20190304235433p:plain




 はい


 9.9割冗談です。作り直します。

 というわけで今後の大まかな予定は


・いきなりゲームを作る前に、いろんなシステムを作ってみる(デカルト曰く『困難なことはすべて、扱うことができ、解決が必要な部分へと分割せよ。』らしいので)

・そのあとに習作的な意味を込めて10分程度で終われそうなゲームを作る

解決すべき課題、或いはやりたいこと

・画面の大きさを320*240より大きくしたい
→より大きいマップチップやキャラチップを用意しなければならない
─→自作は難しいのでフリー素材を借りたり、つよいひとのつよいちからをかりる

・立ち絵とか、そこらへんの整備
→立ち絵は描けるので、立ち絵のシステムあたりをいじってみる

アレなステータスを導入したい
→どこかに参考となるサイトがないか探したりする

余談

最終目標としてDLsiteでの販売を企んでいますが、現時点では夢のまた夢のまた夢野久/作です。ci-enに投稿するのも企んでますが、夢のまた夢のゆめゆめです。その域へ到達できるように頑張ります